すなおのひろば

中高年の健康と若手PTの未来をサポートするブログ

◆1992年5月22日 - 映画監督の伊丹十三が、映画『ミンボーの女』に反発した暴力団員に自宅前で斬られる。

【職場での出来事:その8】人手不足のツケは、利用者さんとスタッフに。

f:id:sunao-hiroba:20220312162427p:plain私は介護老人保健施設(以下、老健)に非常勤職員として勤めていますが、運営母体を同じくする特別養護老人ホーム(以下、特養)にも、月に数回ほどお手伝いに行くことがあります。
これらの施設における理学療法士(以下、PT)の主な業務は、要介護高齢者の個別リハビリです。

高齢者施設では介護職の人手不足が深刻と云われて久しいですが、PTも例外ではありません。

 

《スポンサーリンク》
 

 

 

 

1.物理的に不可能

f:id:sunao-hiroba:20220312162427p:plain特養では、私は通所部門のリハビリを担当しています。
応援に駆けつけなくてはならない理由は、常勤PTが1名しか在籍していないからです。

人手不足の分は、老健の非常勤PTを出向させて切り盛りしようというわけです。

私の勤務時間は、休憩無しの5時間。
多い日は、14名の利用者さんに対し個別リハビリを行うことがあります。

f:id:sunao-hiroba:20220312162427p:plainとは言え、入浴や昼食の時間帯はリハビリを実施できませんし、イベント(レクリエーションなどの催し物)の時間もなるべく避けなければなりません。
また、電子カルテ入力などの事務処理もあります。

そのため、個別リハビリに割くことの出来る時間は実質4時間(=240分)程度です。

介護報酬の規定では、利用者さん1名当たりのリハビリ実施時間は「20分程度」とされています。
と言うことは、4時間で実施できる人数は…

◆240÷20=12名


単純計算では、14名は物理的に不可能。
それでも、やらざるを得ないのが実状です。

 

2.人員を増やすか、やり方を変えるか

老健&特養のリハビリ部門を統括している管理者には、このような窮状については繰り返しお話ししています。

けれども、返ってくる答えはいつも同じ。

 

じゃあ、どうすればいいの?
逆に教えてよ。言ってみて。

……人員を増やすか、やり方を変えるしかありませんね。

だろ?
スタッフを増やすかどうかは経営者の判断だから、僕に言っても無理。
てことは、やり方を変えるしか無いんじゃないの?

 

◆17.2分×14名=240.8分

1名当たり17分で回せば何とかなる。
ただし、各利用者さんの状態によって所要時間は微妙に異なるので、完全に公平とはいきません。

現実的には以下のような感じで帳尻を合わせます。

◆(20分×2名)+(18分×7名)+(15分×5名)=241分

介護報酬の規定「20分程度」というのはあくまでも目安であり、15分でも明確な違反行為ではないということのようです。

実際、スタッフを増員できないのであれば、こうするしかありません。

 

それでいいんじゃない?
まぁ、しんどいとは思うけど、頑張ってな。

………。

 

3.割を食うのはいつも…

介護施設の運営において、最もコストが掛かるのが「人件費」。
ゆえに、経営者はつねにギリギリの人員で現場を回そうとします。

f:id:sunao-hiroba:20220312162427p:plainやむを得ない面もあるかと思いますが、割を食うのはいつも要介護高齢者や現場のスタッフ。
利用者さんの満足度向上や職員の負担軽減・働きがい向上などは、二の次です。

こんな事では、有能な人材が介護現場に集まらないのも無理はありません。

個々の経営者の手腕によるところもあるでしょうが、突き詰めていくと、問題はもっと根深いところにあるのかも知れません。
介護報酬制度や、さらには日本の社会構造そのもの…。

根本的に解決したいと思うならば、いち医療(介護)従事者として声を上げるだけではダメ。

それこそ、政治家にでもなって世の中を変えないとね。

 

《スポンサーリンク》
 

 

 

4.己の無力さに

私が最初に「PTになりたい」と思ったのは17歳の頃。
病気で長期療養を余儀なくされたことがきっかけでした。

17歳の私が、今の自分の姿を見たらどう思うだろう…。

 

あぁ、いちおうPTになれたんだね。
でも……それじゃあ、ねぇ……。

…………💧

 

f:id:sunao-hiroba:20191102174242p:plain

 

自分の無力さに対し、情けなく、惨めに感じる今日この頃。
こんな時は、愛車に乗って海を眺めに行くぐらいしかありません。

 

f:id:sunao-hiroba:20220312170509j:plain

 

例によって淡路島。
父方の故郷で、ここに来ると気持ちが安まります。

 

海のバカやろ~~~!!

 

ホントに叫ぶのは恥ずかしいので、心の中で。

さぁ、明日も仕事がんばろ~😅

 

 

 

www.sunao-hiroba.com

 

《スポンサーリンク》