すなおのひろば

中高年の健康と若手PTの未来をサポートするブログ

◆1969年10月7日 - 西鉄ライオンズ投手の永易将之の八百長行為が発覚し解雇。『黒い霧事件』に発展する。

【ダークフィグマの毒舌日記:その23】愛と正義のシネマスペシャル『FIGURENAUTS2』…<第1話>伝説

f:id:sunao-hiroba:20211222142424p:plain西暦2XXX年。
一向に減ることの無いスペースデブリ宇宙ゴミ)に対処するため、100年の時を経てフィギュアによる宇宙清掃が再開された。
『フィギュアノーツ計画-Ⅱ』である。

俺の名はフィグマ。この危険なプロジェクトに志願した、世界唯一のフィギュアだ。
ある思いを胸に……。

 

f:id:sunao-hiroba:20200103213213p:plain

f:id:sunao-hiroba:20220102151722p:plain

f:id:sunao-hiroba:20200103213213p:plain

f:id:sunao-hiroba:20220415212256p:plain

f:id:sunao-hiroba:20200103213213p:plain

 

《スポンサーリンク》
 

 

 

 

1.捨て石

 

俺は宇宙の清掃業、フィギュアノーツ2号。
コードネームは『フィグマ(Figma)』だ。

 

今さら説明するまでも無いが、軌道上に存在する無数のスペースデブリを清掃するのが俺の仕事だ。

現在、NASAが正式にカタログ登録し地上から追跡している直径10㎝以上のデブリは約4万個。
100年前の2倍に増えたのだ。

 

 

雇用期間は3年契約。
時給は神奈川県の最低賃金、1,040円だ。

俺は無重力訓練もそこそこに、高度2,000㎞の地球周回軌道に放り出された。

 

フィグマ、行きまーす!!

 

f:id:sunao-hiroba:20220415150618p:plain

 

じゃあな。サボるんじゃないぞ、Baby!

 

f:id:sunao-hiroba:20220415150647p:plain

 

………💧

 

3年後にはシャトルが迎えに来てくれるとの事だが、そんな約束などアテにならない。
人類は、フィギュアを「捨て石」程度にしか考えていないからだ。

 

2.ある思い

俺の体はポリ塩化ビニルとABS樹脂、つまりプラスチック製だ。
生身の人間とは違うが、それでも有害な宇宙線に3年も晒されればあっという間に劣化してしまう。

 

f:id:sunao-hiroba:20220415160910p:plain

 

それほど危険な任務なのに、どうして志願したのかって?

 

……それは、伝説のフィギュアノーツ1号『ダーク』への思いからだ。

 

今から100年前。
NASAとの短い交信を最後に、ダークは消息を絶ったという。

 

f:id:sunao-hiroba:20191102174242p:plain

ヒューストン、ヒューストン、こちらダーク。
UFOが現れた!  どうしたらええんや!?
指示を求む!!

……UFOだぁ??
な~に寝ぼけとんじゃ、この出来損ないフィギュアが!

f:id:sunao-hiroba:20191102174242p:plain

 

f:id:sunao-hiroba:20211222142424p:plainUFOなど荒唐無稽。
孤独な宇宙清掃の最中、ダークは精神錯乱を来たした。
そして任務を放棄し、大気圏に身投げしたのだろう。

……これがNASAの公式見解だった。

 

だが、俺の考えは違う。
UFOとの遭遇は、ウソではない。

ダークは何らかの理由でその「侵入者」と交戦状態になり、大気圏に突入したのだ。

 

f:id:sunao-hiroba:20220415194357p:plain

 

その日、地上では巨大な流星がひとつ観測された。

 

f:id:sunao-hiroba:20220415195037p:plain

 

おそらく、ダークは「侵入者」と相討ちになったのだろう。
俺たちフィギュアの間では、そう噂された。


……しかし、俺はダークが死んだとはどうしても思えないのだ。
なぜか?

ひとつ気になっていたことがある。
それは、直径10㎝以上のデブリの増加率だ。

f:id:sunao-hiroba:20211222142424p:plainこの100年間、宇宙空間へ打ち上げられた人工物の数量を考慮すると、約5倍の10万個にまで増えているはず。
けれども、実際は4万個。しかも古いカタログNo.のデブリが、次々と姿を消しているのだ。

不可解なことに、この件に関してNASAからのコメントは一切無い。

 

ダークは生きている。
そして、今もどこかで宇宙清掃を続けているのではないか…?

 

f:id:sunao-hiroba:20220415171656p:plain

 

ここで任務を続けていれば、いつの日か伝説のフィギュアノーツとめぐり逢える。
俺はそう信じている。

NASAからは「馬鹿げている」と一笑に付されたが…。

 

《スポンサーリンク》
 

 

 

3.再び

ふぅ、今日のゴミも大物だな……。

 

f:id:sunao-hiroba:20220415173407p:plain

 

疲れた……ひと休みするか。

 

f:id:sunao-hiroba:20220415180408p:plain

 

ん……何だ?

 

f:id:sunao-hiroba:20220415180442p:plain

 

わあっ!!

 

f:id:sunao-hiroba:20220415191553p:plain

 

これは…未確認飛行物体、UFO!?
や、やはり本当だったか……!!

 

f:id:sunao-hiroba:20220415191617p:plain

 

なっ!!
いったい何が出てくるんだ……?

 

<第2話につづく>

 

 

www.sunao-hiroba.com

 

《スポンサーリンク》