すなおのひろば

中高年の健康と若手PTの未来をサポートするブログ

◆1992年5月22日 - 映画監督の伊丹十三が、映画『ミンボーの女』に反発した暴力団員に自宅前で斬られる。

【ダークフィグマの毒舌日記:その24】愛と正義のシネマスペシャル『FIGURENAUTS2』…<第2話>邂逅

f:id:sunao-hiroba:20211222142424p:plain俺の名はフィグマ。
宇宙ゴミ清掃プロジェクト『フィギュアノーツ計画-Ⅱ』に志願した、世界唯一のフィギュアだ。

伝説のフィギュアノーツに憧れて宇宙へ飛び出したものの、任務は想像以上に過酷だった。
そんなある日、あの『ダーク』も遭遇したという謎の飛行物体、UFOが突然現れたのだ。

 

f:id:sunao-hiroba:20200103213213p:plain

f:id:sunao-hiroba:20220102151722p:plain

f:id:sunao-hiroba:20200103213213p:plain

f:id:sunao-hiroba:20220415212256p:plain

f:id:sunao-hiroba:20200103213213p:plain

 

《スポンサーリンク》
 

 

 

 

1.めぐり逢い

 

 

いったい、何が……?

 

 

…………!!!

 

 

 

…………。

 

あ、あなたは……。
もしかして、あの伝説のダークさんですか!?

伝説か……ふん。
そっちこそ何者や? 先に名乗るのが礼儀やど。

あっ、申し遅れました💦
私はフィギュアノーツ2号、『フィグマ』です!

そうか、100年ぶりに『フィギュアノーツ計画』が再開したというわけか……。

 

なぜここに?
今までどうやって……?

…………。

 

2.100年前の出来事

あの日、俺は『オクトパス星』からやって来たというタコ型の知的生命体に遭遇した。
ヤツの目的は、地球を植民地にすることや。

 

f:id:sunao-hiroba:20211231203822p:plain

 

壮絶な格闘戦の末、俺はタコ星人とともに大気圏に突入した。

 

f:id:sunao-hiroba:20220101132247p:plain

 

……こちらヒューストン。
ダーク、応答せよ。こちらヒューストン!

…………。

おいダーク、返事せんかい!
またサボっとんか、この役立たずが!!

(ガガッ⚡⚡………ガッ…………)

 

f:id:sunao-hiroba:20211231214346p:plain

 

ぐわああ~~!!
あっちいいい~~~!!!

 

 

一緒に燃え尽きるのは覚悟の上やった。

けど、俺はイチかバチか、スラスターの出力を全開にして離脱を試みた。
ヤツが「ジャンボたこ焼き」になるのを見届けてから……。

 

 

 

突入角度が浅かったこともあって、俺は奇跡的に大気圏離脱に成功した。

 

 

生き延びたとは言え、宇宙服は黒焦げや。そう長くは持たん。
俺はあてもなく宇宙空間を彷徨っていた。そして……

 

 

タコ星人が乗り捨てたUFOを見つけたんや。
それが俺の運命を変えた。

 

 

………開いた!

 

 

こいつ……動くぞ!

 

3.相棒

 

……そういうことでしたか。
では、その後の100年間は何を?
もしかして、デブリの清掃を……?

ん……まぁ他にすることもないからな。
機内は狭いけど、有害な宇宙線を完璧に遮断してくれる。
俺はこいつの力を借りて任務を続けてきたんや。

 

 

やはり……そうだったんですね。

このUFOは、タコ星人が開発した「超深層学習型AIスーパーコンピューター」を搭載してるんや。
俺はこいつに、地球の成り立ちと人類の歴史をひと通り学ばせた。
今では俺の相棒、たったひとりの友達や

アイボウ? トモダチ?
私には地球人のような「感情」など無い。

かっ、会話した……?!!

あぁ、こいつと一緒にいたら退屈せえへんで。
U太郎(ゆうたろう)って呼んどる。
俺が名付けたんや。センスええやろ?

名前などどうでもいい。
私はただのコンピューターだ。

な、U太郎は意外と照れ屋なんや

U太郎……💧

………。

 

《スポンサーリンク》
 

 

 

4.緊急事態

 

……ダークさん、地球に帰りましょう!
あなたは私たちフィギュアが誇る英雄です。
今からNASAと交信して、シャトルに迎えに来てもらいます。
その劣化した宇宙服では……。

シャトルなんか呼んでも無駄や。
NASAは「必ず迎えに行く」とか言うとったけどな、そんなもんアテにならんで。

しかし……。

 

 

緊急事態発生。緊急事態発生。

ん? U太郎、どおしたんや?

 

<第3話につづく>

 

 

 

www.sunao-hiroba.com

 

《スポンサーリンク》